「副業・仮想通貨・FX」稼げる副業最新アンテナ

副ワーカー.com

マネーニュース

「投資で早期リタイア」ブームにひと言

投稿日:

1: 田杉山脈 ★ 2021/03/22(月) 22:51:18.81 ID:CAP_USER
img_5e4b48bd220c16300e6cab598e0d092310888投資業界のカリスマの一人、澤上篤人が考える長期投資のあるべき姿を、同社最高投資責任者の草刈貴弘氏との対談形式で紹介する。

株高のバブルに浮かれてないか?
澤上篤人(以下、澤上) 世界的にすごい株高が続いている。その波に乗ってFIRE(Financial Independence, Retire Early、経済的自立と早期リタイア)を人生の目標に据える若い人たちが増えているという話を聞くけれど、バブルのにおいがプンプンするよ。

例えば現役世代が株の配当金だけで生活していこうとしたら、最低でも3億円は欲しい。現在、東証1部上場企業の予想配当利回りは平均1.8%台だから、配当金収入は年間約540万円だ。ここから税金を払うと手取りは約430万円。社会保険料も掛かる。生活費の安い地方なら、家族がいても何とかなるかもしれないが、決して楽な暮らしではないだろう。

草刈貴弘(以下、草刈) 最近は投資雑誌だけでなく経済誌でも株で1億円を超える資産をつくった人を紹介するような記事が増えていますね。働きながら投資で資産をつくり、将来は悠々自適に暮らしたい。確かに夢があるし、憧れる気持ちは分かります。

早期リタイアはともかく、経済的自立(以下、FI)を目指すことは、これからの日本を考えるとやはり必要だと思います。公的年金がどうなるか分かりませんし、人生100年時代とやらが本当にやって来るなら、いくら老後資金を用意すればいいのか見当がつきません。誰だって年老いてからお金のことで困りたくないと思います。

ただ、蓄えたお金を取り崩して暮らしていくという考え方だと、寿命より先にお金が尽きたらどうしようという不安が残ります。一方、株の配当なら蓄えた資金を株式として温存できますから、その心配は小さい。
違うことが分かっています。例えば同じ100万円でも利益の喜びより、損失のダメージの方が大きい。

配当を生み出す資産が目減りする痛みに耐えられるのかは、FIとは別な話です。いくら資産の評価額が大きくなっても、投資している資産を守り続けることは、増やすことと同じくらい難しく、重要であることは忘れてはいけないですよね。

澤上 まさにその通り。株高に乗って資産を増やし、FIを成し遂げたつもりになっていたとしても、それは絵に描いた餅にすぎない。株価が下がれば、たちまち早期リタイアどころではなくなってしまう。

以下ソース
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOMC109ZH0Q1A310C2000000/

2: 名刺は切らしておりまして 2021/03/22(月) 22:59:09.67 ID:2cNOtd+c
You are fired.


続きを読む

Source: マネーニュース2ch
「投資で早期リタイア」ブームにひと言

-マネーニュース

Copyright© 副ワーカー.com , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。