「副業・仮想通貨・FX」稼げる副業最新アンテナ

副ワーカー.com

マネーニュース

株式の投資先が『日本のみ』というのは、もはや有り得ない時代

投稿日:

1: 田杉山脈 ★ 2019/08/18(日) 22:26:51.23 ID:CAP_USER
b05b8bf09ここ数年、訪日観光客が増えて海外の人を見かける頻度が多くなったとはいえ、昔も今も私達は相変わらず多くの日本人と日本資産(物・コト)に囲まれて生活しています。

それもあってか私達は日々日本円で所得を得て、日本円で買い物をし、日本円で購入した資産(車や家)のみを保有することに、疑問を抱く事はありません。この様に自国のみの資産に偏ってしまうことを、「ホームカントリーバイアス」と呼びます。

愛国心という観点ではホームカントリーバイアスも大切なのですが、日本はこれから加速度的な超高齢化と人口減少に陥る為、国力衰退を視野に入れると、過度なホームカントリーバイアスは危険と言わざるをえません。

日本が世界に占める割合は以下の通りです。
世界全体の株式規模:約8%。
世界の経済成長率(GDP):約6%
個人消費シェア:約6%
通貨別取引残高:約10%

御覧の通り日本が経済大国と言われても、日本の経済規模が世界に占める割合は10%にも達しません。この結果に対して別に悲観的になる必要はなく、むしろ世界が広すぎる事を前向きに活用した方が賢明です。例えば通貨1つとっても、『今の』円の価値が未来永劫保証されるかは分かりません。

仮に通貨の価値が保証されないとすると、その通貨で購入した資産も世界から見たら価値が保証されないことを意味します。そうなってくると保有する資産、すなわち投資先を『日本のみ』にする経済的合理性はあまりないでしょう。そんな時にやはり便利なのが投資信託です。

先日紹介しましたeMAXIS Slim全世界株(オールカントリー)は、円建てで世界中の通貨と株式に分散投資が可能となる投資信託です。

世界中の株式に分散投資をすることは、自分が保有する資産を24時間営業させることを意味しますので、そこから得られる利益を考えると投資先が『日本のみ』というのは、もはや有り得ない時代でしょう。

https://financialjournal.ana.co.jp/investment/detail/id=1582

12: 名刺は切らしておりまして 2019/08/18(日) 22:50:43.53 ID:ja0insEw
海外がピークアウトしそうだから今のすっ高値でカモに押し付けて逃走したいのかな


続きを読む

Source: マネーニュース2ch
株式の投資先が『日本のみ』というのは、もはや有り得ない時代

-マネーニュース

Copyright© 副ワーカー.com , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。