「副業・仮想通貨・FX」稼げる副業最新アンテナ

副ワーカー.com

マネーニュース

醤油業界、「最近醤油があまり売れない」と焦る

投稿日:

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [CN] 2018/12/12(水) 20:07:33.98 ID:Ruc2BaC90

20181212-00010000-nissyoku-000-1-view醤油の「密封成長」も鈍化…業界全体に焦燥感

今年の醤油出荷総量の減少幅が例年より大きく、市場全体が焦燥感に駆られている。大幅な出荷減は天災の影響が色濃いが、消費の多くを頼ってきた1L(リットル)など大容量品の落ち込みが加速した。頼みの密封容器の成長率、輸出拡大も徐々に鈍化。業界・事業継続を果たすための商品価値・収益の向上が待ったなしの感を強めた。全体の出荷減を補う、さらなる需要喚起の一手が求められている。

長寿少子化で大容量品の減少が加速

日本醤油協会と全国醤油工業協同組合連合会が集計した今年1~9月の醤油出荷量は、前年比1.9%減の54万4418kl(キロリットル)。キッコーマン食品などの大手5社、中小の全醤工連がともに約2%減と落ち込んだ。

出荷数量は12年の80万kl超を最後にして70万kl台で漸減して推移。近年の縮小率は毎年1%減となり、以前までの2~3%減よりは下げ止まりつつある。メーカーをはじめとした企業・工場数は、過去5年間で年35軒の減少ペース。直近では団体数は1200を切ったとみられる。

品種はJAS規格の濃口、淡口、たまり、再仕込み、白に大別でき、出荷構成比は濃口が80%、淡口10%超と圧倒。市場縮小と同様にメーンの濃口、淡口が減産し、付加価値が訴えやすく、豊かなうまみで輸出向きのたまりは増産。再仕込みや白も最近は増加傾向にある。

種類ごとの消費減が顕著なのが容量帯別。シェア20%弱の1Lペットボトルが家庭用の主力となり、業務ユースも得る1.8Lが15%強。一般品の主流を占め、長く市場全体を支えてきた2品で、出荷減が激しい。2品の縮小幅は毎年5%前後が続く。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-00010000-nissyoku-ind

3: 名無しさん@涙目です。(茸) [JP] 2018/12/12(水) 20:08:44.67 ID:45n3dewg0
まぁ、しょうゆうこともあるさ


続きを読む

Source: マネーニュース2ch
醤油業界、「最近醤油があまり売れない」と焦る

-マネーニュース

Copyright© 副ワーカー.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。